JR仙台駅は東北の駅百選に選定!進化し続ける仙台駅をご紹介!

sendaieki-s

JR仙台駅

JR仙台駅について

宮城県に所在する仙台駅は東北地方最大のJR駅であり、地域の交通ターミナルの拠点を担っています。
駅がある仙台市が東北地方最大の都市であることから多くの列車が乗り入れを行っており、現在では東北地方を走る新幹線の全ての列車がJR仙台駅を通過します。また首都圏とのアクセスも発達しており、仙台からの利用者は一日に四万人を越えるという統計も出されています。
在来線は空港や宮城県内の都市などを結ぶJRが発達しています。
また交通の利便性だけでなく、大型モールが数多く建設されているため、ショッピングや食事なども楽しむことができる商業施設としての側面も持っています。
ホテルなどの宿泊施設もあり、東北地方へ旅行にきた観光客の休み場としても利用されています。
東北地方有数の文化発信基地としてもしられ、東北の駅百選にも選ばれています。
地上四階建、地下一階の駅舎は南北に広がっており、ホテルメトロポリタン仙台やエスパルなどが併設されています。
改札口は西口側にありますが、近年の需要の高まりから新たに東口の建設が予定されています。

JR仙台駅周辺観光地について

仙台市を象徴する並木道といえば定禅寺通りです。仙台都心から東西に伸びている定禅寺通りは1600年代に仙台城の鬼門封じのために開基されました。
仙台メディアテークの建設と同時に整備事業が行われ、フェスティバルなどの催しのために利用するステージなどが建設されています。芸術活動をサポートするための装置や電源が設置するなど文化活動に大きな助けとなる施設として知られています。

五城楼として有名な仙台城は国の史跡に指定されるなど東北地方でも重要な文化財の一つとなっています。伊達正宗が建築したことでも知られていて、江戸城に次ぐ大きさは当時最大級のものでした。
地震による被害が大きく修復活動が盛んに行われていたり、太平洋戦争時の仙台空襲によって焼失したため、現在では寅の門が当時のまま残っている唯一の部材となっています。
位置する場所の由来から青葉城という名称でよばれることもあります。

カメイ展示記念館は仙台の総合商社加盟の創業90周年を記念してたてられたもので、加盟ビルの六階と七階に開館しています。財団理事が管理するこけしのコレクションなどが有名で、そのほかにも蝶や彫刻なども展示されています。

台原森林公園に隣接する仙台市化学館は公共建築百選に選ばれるなど東北地方の観光地として有名です。
展示施設には屋内と屋外に別れていて、屋内の展示施設には生活系、理工系、自然史系の三種類があります。
野外施設には岩石園と自然観察園の二つがあります。
1952年に開始された歴史を持ち、多くの催しものが行われてきました。

宮城県美術館は仙台市の西に所在している県立の美術館です。建設省の公共建築百選やBCS賞に選ばれるなど、その芸術性は高く評価されています。
宮城県や東北地方とゆかりのある絵画や彫刻などの美術品を集めており、特に大光コレクションが有名です。
その他にも年数回の特別コレクションが開催されており、県民ギャラリーと呼ばれる一般市民の展示会も行われるなど、幅広い層に向けて活動が行われています。

JR仙台駅乗り入れ路線

乗り入れ路線はJR東北新幹線のほかにJR秋田新幹線も停車します。在来線は東北本線、仙山線、仙石線などが乗り入れを行っており、常盤線などもアクセスしています。

JR仙台駅住所

宮城県仙台市青葉区中央1?1?1

JR仙台駅JR新幹線開通

昭和57年6月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る