芸術とショッピングの街、東京・上野へGO!

ueno-s
上野旅行特集

 
人気スポット目白押しの文化の街、上野
 
新幹線や在来線、東京メトロなどあらゆる列車が乗り入れている東京の北の玄関口、JR上野駅。駅の西側には公園や動物園、博物館、美術館などが集まっているほか、演芸場や商店街など徒歩圏内に見どころが目白押し!老若男女を問わず気分に応じて様々な楽しみ方ができる文化の街として人気を集めています。
 
上野と言えば、「上野恩賜公園」の桜並木や「恩賜上野動物園」の可愛いパンダがあまりにも有名。この二大観光名所はぜひ押さえておきたいところです。上野恩賜公園は日本で初めて公園に指定され、以来多くの人々の憩いの場となってきました。「日本さくら名所100選」に選定されているほどの桜はもちろん、夏には不忍池が美しい蓮の花で覆われ、冬には数多くの水鳥が飛来するなど季節ごとに美しい風景が広がります。さらに広い園内には、徳川家康・吉宗・慶喜を祀った御宮「東照宮」をはじめ、明治維新の立役者である西郷隆盛の銅像や弁財天を祀った「不忍池弁天堂」、上野公園の生みの親であるボードワン博士の像などが点在。あらゆる時代と文化が凝縮されています。
 
恩賜上野動物園もまた、日本で最も古い動物園。東園・西園合わせて約500種3000点もの動物を展示しています。ジャイアントパンダ舎をはじめ、「ゾウのすむ森」「クマたちの丘」「ホッキョクグマとアザラシの海」など動物の生態と環境に合わせたエリアづくりが特徴。放し飼いにした家畜と触れ合える子供動物園や、東園と西園を結ぶこれまた日本初のモノレールなど、その他の楽しい施設も盛りだくさんです。
 
天気が悪くてもしっかり楽しめるのが上野エリアの嬉しいところ。上野公園エリアは博物館や美術館の密集地で、芸術と歴史をいつでも堪能することができます。上野駅から徒歩約10分の「東京国立博物館」は約11万点の美術品を展示する日本最古・そして最大級の博物館。日本の考古遺物やアジアの展示物、古代美術などの展示品はもとより、それぞれの展示館そのものも一見の価値ありです。他にも、国内唯一の総合科学博物館である「国立科学博物館」やフランス近代美術を多く展示する「国立西洋美術館」など見どころ多数。訪れる人を飽きさせない文化の集積地となっています。
 
上野でショッピングを楽しみたいならアメヤ横丁、通称「アメ横」へ。戦後の闇市から発展したこの商店街は鮮魚などの食料品から洋服、スポーツ用品、宝飾品まで何でも揃う、まさに東京の台所。大勢の人が正月用の食材を買い求める姿は年の瀬の風物詩になっています。海産物を使った丼物や小籠包、からあげ、ラーメンなどお手頃価格のグルメも勢ぞろい。ショッピングとグルメの両方を楽しめます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る