とんこつラーメンと言えば博多!JR博多駅特集

hakata-s

JR博多駅特集

JR博多駅について

JR博多駅は、九州各主要都市を中継し、2004年までの特急列車発着本数が日本一になるなど、九州最大の駅として利用者や観光客に親しまれてきました。またこれまでに二回の移転と、五回の大規模改築を行うなどしており、現在の駅舎は三代目に該当します。JR博多駅は福岡市の大きな駅であるのになぜ博多駅という名前になっているのかという疑問を持たれる場合があります。理由の一つには歴史的な側面があり、1800年代にまでさかのぼります。当時の市町村制公布によって博多と福岡を統合、名称を福岡市にするという動きがありました。その際に博多駅も福岡駅にする方向で話が進んでいましたが、駅名を博多のままにしてほしいという意見が多数あがりました。結局投票を行ったところ一票の差で博多を希望する表が上回り、駅名は博多のままになったとされています。

JR博多駅周辺観光について

キャナルシティ博多は福岡を代表する複合商業施設で、ジョン.ジャーディのデザインのもと、1996年にカネボウプールの跡地にオープンしました。施設内部は七つの階層に分けられており、キャナルシティ.オーバービが中央、それを囲むように福岡ワシントンホテルビル、ビジネスセンタービル、アミューズメントビル、メガストアビルなどが建設されています。キャナルの名称の由来である運河は地下にある運河を指しており、多くのショーなどが開催されています。

観光の目的のひとつにご当地の美味しい料理を食べるというものがあります。全国各地を回った食通をうならせる料理や、その地域だけでしか食べることのできない料理などに出会った瞬間はまさに観光冥利につきるといったものでしょう。博多にも当然いくつもの観光グルメが存在し、その中でもラーメンは博多だけでなく九州を代表するグルメの一つとなっています。九州のラーメンで有名なのはなんといってもとんこつ味でしょう。他の地域と比べて濃厚な味わいが特徴です。一蘭などはその代表格で、多くの雑誌にも取り上げられるなどされています。博多駅からは徒歩三分で行けるなど、大変利便性がいいのも特徴です。

福岡近辺や九州地方は比較的大型の水族館が多い地域ですが、その中でもマリンワールドは修学旅行生などが訪れるように、人気のスポットの一つです。パノラマ大水槽や怪獣アイランドが特徴的なアトラクションになっています
パノラマ大水槽の魅力はなんといっても1万匹を超える魚の回遊が生でみられるところでしょう。厚さ30センチのアクリル板を必要とする巨大水槽は館内でライトアップされていることもあり、来館者を楽しませてくれます。怪獣アイランドはいるかプールの隣にあり、ゴマアザラシやアシカの生態を間近でみることができます。博多駅からは香椎駅からJR香椎線に乗り換えを行い、海の中駅まで20分程度で向かうことができます。

マリアノシティ福岡はレストランやアウトレットモールなどをテナントとして運営する複合商業施設で、観光の際にお土産などを購入するのに多くの観光客が利用します。また観覧者やアミューズメントパークなどの施設もあるので観光をしてからお土産を買うまですべてをマリアノシティ内で行うことができます。半日だけの旅行や時間が限られている場合などにも十分に楽しむことができるのではないでしょうか。博多駅からのアクセス方法はバス、地下鉄があります。所要時間はバスが40分程度、地下鉄が乗り継ぎを込みで30分程度になります。

福岡市を一望できる場所として福岡タワーは人気の観光スポットになっています。200mを超える高さの福岡タワーは外観に大きな特徴があり、クリスタル調のミラーは遠方からでも一目でわかる個性を持っています。JR博多駅からは福岡市営地下鉄を利用するのが一般的で、15分程度の所要時間で到着することができます。

JR博多駅乗り入れ路線

JR博多駅への乗り入れ路線はJR新幹線と在来線、福岡市地下鉄空港線が乗り入れています。またJR新幹線はJRの終点となっているため、JR九州新幹線との境界駅となっています。

JR博多駅住所

福岡市博多区博多駅中央街1-1

JR博多駅JR新幹線開通

昭和50年3月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る