格安国内ツアーで行く沖縄の与那国島旅行特集

格安国内ツアーで行く沖縄の与那国島旅行特集

台湾まで111キロのところにある日本最西端の島、沖縄の与那国島。与那国島へは那覇から石垣島を経由して、石垣島から飛行機で約30分のところにあります。テレビドラマ 「Dr.コトー診療所」のロケ地となったことで有名になりました。与那国島は意外に広い島なので、島をまわる際にはレンタカーかレンタバイクでまわることをオススメします。

与那国島には海底遺跡があることで有名です。島の南東部、海底10?50メートルのところに横たわっている遺跡をシュノーケリングや高速潜水艇で見ることが出来ます。高速半潜水艇 ジャックス・ドルフィン号は船体ごと海に潜り、水中ガラス越しに遺跡を間近に見ることができるのでオススメです。

与那国島は日本最西端の島ということで、島の西端、西崎には日本最西端の碑と展望台があります。ここは夕日スポットとしても有名で日本で最後に沈む夕日を見ることが出来ます。西崎は巨大なサメやハンマーベッドシャークが見られるスポットとしてダイバーに人気があります。

与那国島には、日本の在来種である小柄な馬、ヨナグニウマの放牧地があります。ヨナグニウマふれあい広場では島に約100頭しかいないと言われている貴重なヨナグニウマとふれあうことができます。春から初秋限定でヨナグニウマに乗って泳ぐことができる、「海馬遊び」を楽しむことができます。島の最東端にある東崎にもヨナグニウマは放牧されています。東崎からは晴れていれば西表島まで一望することができます。

与那国島のシンボルでもある立神岩は、別名「トゥンガン」と呼ばれ神の岩として古くから島の人々に拝められてきています。立神岩展望台からはコバルトブルーの海の中に凛と立つ岩の姿を見ることが出来ます。ティンダハナタは昔、島を統治していた女酋長が住んでいたと言われている巨大な岩山で、洞窟状になっている岩のテラスからは与那国島の集落とどこまでも続くコバルトブルーの海を一望することが出来ます。

与那国島では、名物の八重山そばや、島特産のカジキマグロなど新鮮な島魚の料理を楽しむことができます。希少なヤシガニを食べることができるお店もあります。与那国島は日本で唯一、アルコール度数60度のお酒を造ることが認められていて、花酒と呼ばれる60度の泡盛はおみやげにもオススメです。酒造所では、工場見学も可能です。

与那国海塩は島周辺を流れる黒潮の海水で造られた塩で、塩分濃度が高くミネラルたっぷりでまろやかな味わいなのでおみやげにもオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る