JR新幹線格安ツアーで行く山梨県の山高神代桜の花見旅行特集

yamatakajidaizakura_s

JR新幹線格安ツアーで行く山梨県の山高神代桜の花見旅行特集

山高神代桜で時の流れを感じるお花見を!山梨県北杜市武川町山高にある「山高神代桜(やまたかじんだいざくら)」は、日本三大桜のひとつであり、日本初の天然記念物でもあります。その推定樹齢は2000年とも言われており、日本の歴史とともに長きに渡りこの国の行く末を見守ってきたその姿は、神々しさを感じてしまうほどです。見る人の中にはこの神代桜に向かって、手を合わせる人も多いということからも、その存在感の大きさを知ることができます。

この神代桜には数々の伝説が残されており、1世紀頃にヤマトタケルノミコトが自ら植えたのだと言われています。それが名前の由来ともなっているのです。1世紀からこの地に値を生やしていたなんて、想像するだけでもロマンティックな気がしてしまいますね。神代桜があるのは実相寺の境内で、ちょうど桜のシーズンと同じ頃に周辺に約8万本のラッパスイセンが咲き乱れますので、神代桜だけでなくこちらにも是非注目して頂きたいところです。さらにソメイヨシノも30本並んでいますので、様々なお花見を楽しむことができる絶好のスポットになっているのです。それぞれの花と花とのコーディネイトを楽しんだり、写真に収めたりするのもとても楽しそうです。

またこの武川町は山高神代桜ばかりが注目されがちですが、「眞原(さねはら)桜並木」という桜の名所も存在します。武川町眞原地区に広がるソメイヨシノの並木道となっており、約750mの間桜のトンネルの中を歩くことができます。その本数は約200本で、満開時には思わず目を奪われるほどの美しさを醸し出しています。さらにその背景には「甲斐駒ケ岳」など南アルプスの山々が広がりますので、お花見のスポットというだけではなく絶好の癒しスポットでもあり、また撮影にも向いている場所だと言えるでしょう。周辺には国鳥でもあるキジが生息しているのも、この地の特徴のひとつです。

武川町のある北杜市には、おなじみの「清里高原」や「八ヶ岳」などもありますので、お花見旅行の際には、そちらも回ってみるのもおすすめです。様々な形で自然の恵みを満喫することができる、非常に心やすまる観光スポットとなっています。清里高原の周辺には宿泊施設も多数点在していますので、宿泊地をそこへ決めるのも良いでしょう。「平山郁夫シルクロード美術館」や「サントリーウイスキー博物館」など、お子さんから大人まで楽しめる施設も揃っています。お花見で癒やされた後は、これらのスポットを回ってみたりして、充実した思い出に残る旅行にしましょう。

人気の桜めぐりツアー紹介

  • 人気の桜めぐりツアーならこちらへ
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    ページ上部へ戻る