JR新幹線格安ツアーで行く東京スカイツリー特集

skytree_s

JR新幹線格安ツアーで行く東京スカイツリー特集

日本一の展望台!東京スカイツリーからの景色を体験!今日本でもっとも旬な観光スポットといえば「東京スカイツリー」です。長年にわたって日本一の高さを誇る建造物であった東京タワーがその役目を終え、新しいスポットとして東京スカイツリーが現在日本一高い電波塔および観光施設となっています。もっとも東京タワーも電波塔としての役目は終わってしまいましたが、観光施設としては今後も運営を続けていきますので、新旧2大スポットをはしごして比べてみるのも楽しいのではないでしょうか。

東京スカイツリーは東京都墨田区にあります。元来下町と呼ばれる地区でしたので、東京スカイツリーの設立に向けてこの一帯は完成前から整備が行われ数多くの商業施設が新たに誕生しました。東京スカイツリーの高さは634メートルですが、この数字は「634」すなわち「むさし」とも読めることから決定されました。むさしといえば日本人にとっては馴染みが深く覚えやすい言葉でもあります。また旧国名のひとつとして東京、埼玉、神奈川といった首都圏の一部を指す名称でもありました。こうしたことから周知されやすいということもあり、634メートルという高さが決定されたのです。また伝統と先端のシンボルというテーマを元にデザインされています。

東京スカイツリーの展望デッキは2段階になっています。ひとつは350メートル地点にある「東京スカイツリー天望デッキ」でもうひとつはさらに高い450メートル地点の「東京スカイツリー天望回廊」です。遥か彼方までを見渡せる日中の景色も素晴らしいですが、大都会の灯りを眼下に収めることができる夜景もまた素晴らしく、恋人同士の新たな聖地としても注目を集めています。

東京スカイツリー天望デッキの方は3フロアに分かれており、東京スカイツリーショップでおみやげやグッズを購入したり、東京スカイレストランで食事を取ったりすることができます。カフェもありますので、ちょっとひと休憩という時にも便利です。食事や飲み物はもちろん展望窓に沿ったテーブルで楽しむことができますので、景色を眺めつつゆっくりと寛げることでしょう。

東京スカイツリー天望回廊のほうは、まず445メートル地点にあるフロアからデッキ外周を通る回廊を歩いて450メートルフロアへと上るようになっています。天望回廊の名の通り景色を眺めながら少しずつ最上部へと上がっていく演出を楽しむことができるのです。全国から絶え間なく観光客が訪れる新東京観光名所、東京スカイツリーで日本一の高さをぜひ体験してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る