新幹線ディズニーランド旅行

gakuseiryokou-s

年末年始は新幹線でディズニーランドへ向かいましょう。新幹線を利用したお得なツアーが用意されています。旅行会社が宿泊先や新幹線のチケットなどの手配をしてくれる便利なサービスがあります。もちろん、自分達ですべての準備を行い、自由なスケジュールでディズニーランドを楽しむことも可能です。年末年始の忙しい時でも、日帰りでディズニーランドへ行くこともできます。

概要
ディズニーランドとは、ウォルト・ディズニー・カンパニーが運営しているディズニーパークのことです。世界各国に存在しており、日本では東京ディズニーランドとして営業しています。世界で最も有名であり、人気のあるテーマパークです。ミッキーマウスを中心としたさまざまなキャラクター達と出会えます。
さまざまなアトラクションや飲食店、物販店などがあります。大人から子供までが楽しめるように工夫されています。園内は緑が豊富であり、カルガモが生息しているエリアもあります。

東京ディズニーランド
テーマパークの主役となっているのはいわゆるビッグ5です。ミッキーマウスやミニーマウス、ドナルドダッグ、プルート、グーフィーといったキャラクターはショーやパレードには必ず登場します。他にも、デイジーダッグやスティッチ、デール、クラリスといったキャラクターの姿を見ることもできます。
施設内にはさまざまなテーマランドがあります。ワールドバザールやアドベンチャーランド、ウエスタンランドなどがあり、それぞれ個性豊かなアトラクションが展開しています。ショッピングモールもあり、色々なグッズを購入できます。

アクセスについて
東京ディズニーランドは千葉県の浦安市に所在しています。新幹線でアクセスするためには、東京駅まで新幹線で向かい、そこから京葉線でディズニーランドの最寄り駅であるJR舞浜駅まで向かいましょう。新幹線を利用すると東京駅まで快適にアクセスでき、そこから一度乗り換えるだけでディズニーランドまで向かえるため分かりやすいです。割安料金で購入できる往復きっぷも販売されています。

ディズニーランドは新幹線を活用することで年末年始の忙しい時期でも、気軽にアクセスできます。年末年始に日帰りで行くことも可能であり、友人や家族と一緒に限られた時間の中で楽しむことも可能です。周辺にはホテルがたくさんあるため、年末年始に数日間にわたってじっくりとアトラクションを満喫することもできます。さまざまな楽しみ方が可能なテーマパークです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JR新幹線格安ツアーで行く東京ディズニーランド(TDL)夏休み旅行特集2014

tokushu_tdr_s

JR新幹線格安ツアーで行く東京ディズニーランド(TDL)夏休み旅行特集

東京ディズニーランド(TDL)でバカンスを満喫し尽くす夏休み旅行!今や日本を代表するレジャースポットといっても決して過言ではない東京ディズニーランド(TDL)。春夏秋冬四季を問わず、いつでもその時期ならではの楽しさが溢れているディズニーランドですが、やはりバカンスの季節といえば夏ということで、夏場の東京ディズニーランド(TDL)はその魅力をより一層高めています。寒い季節だと、楽しいけれどちょっと寒さが気になる屋外のアトラクションも、夏なら爽快感いっぱいで思う存分エンジョイすることができます。しかし東京ディズニーランド(TDL)といえばご存知の通り、夏休みともなると連日来園者で溢れかえっており、上手にアトラクションを回って行かないと思ったよりも遊べなかった、なんてことになってしまうこともしばしばです。人気のアトラクションにはFP(ファストパス)という予約システムのようなものが採用されていますので、このFPをうまく活用して少しでもたくさんのアトラクションで遊び尽くしましょう。

FPは入園用のパスポート等を使えば誰でも発行することができます。グループの場合代表者が発行すればOKですが、その場合は全員分のパスポート等を用意しておく必要があります。FPには時間が記されていますので、その時間に再び訪れれば少ない待ち時間でアトラクションに乗ることができるという仕組みです。FPの時間までの間を利用して、比較的人の少ないアトラクションを回ったり、お買い物をしたりして時間を有効活用しましょう。

リピーターの方達はご存知でしょうが、休暇中などの東京ディズニーランド(TDL)はとにかく人がたくさんですので、初めからある程度お目当てのアトラクションを絞っておくことも大切です。どのみち数々のアトラクションが満載のディズニーランド(TDL)では、1日だけで全てを回ることは不可能ですので、「これだけは絶対抑えておきたい!」というものをいくつかピックアップしておき、可能なものはFPを発行して効率よく回るのがおすすめです。また夏休み等ではお子様を連れて家族での来園、という方も非常に多いかと思われますが、こんなケースで心配なのが迷子です。しかし東京ディズニーランド(TDL)では「迷子シール」というものが用意されており、お子様の名前や年齢、保護者の方の携帯電話番号等を記入できるようになっています。お子様が一人で困っているようですと、すぐに園内各所のキャストさんたちが声を掛けてくれ、親御さんに連絡ができますので安心です。東京ディズニーランド(TDL)の最も優れている点は、ユーザー目線の運営とキャストさん達の高い能力です。これらが背景にあるからこそ、来園者は安心して楽しむことができるのです。

夏休み国内旅行のための国内ツアー紹介

  • 夏休み国内旅行・お盆旅行国内ツアーならこちらへ
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ゴールデンウィーク(GW)のJR新幹線で行く東京ディズニーランド(TDL)旅行特集2014

    tokushu_tdr_s

    GWのJR新幹線で行く東京ディズニーランド(TDL)旅行特集2014

    夢の国はゴールデンウィークも大盛り上がり!ゴールデンウィーク(GW)のJR新幹線で行く東京ディズニーランド(TDL)旅行特集2014。夢いっぱいのアトラクションとスタッフによる細やかなおもてなしで、国内のみならず世界の人々の憧れの遊園地となっている東京ディズニーランド(TDL)。ゴールデンウィークを飾るにふさわしいこの大人気テーマパークには、訪れる人々を虜にする魔法がたくさんつまっています。

     超人気の東京ディズニーランド(TDL)ですから、ゴールデンウィーク(GW)は混雑を覚悟して早めに出かけるのがお勧めです。入園したらまずは少ない待ち時間でアトラクションを体験できる「ファストパス」などを発券機で手に入れておきましょう。夜のパレードなどが主な目的の場合は遅めの入園でお得に遊ぶ夜間入場というのも手です。

     どこから回ればいいのか迷ってしまうほどたくさんの人気スポットがある東京ディズニーランド(TDL)。ものすごいスピードで滝つぼへ急降下する「スプラッシュ・マウンテン」や鉱山列車が猛スピードで駆け抜ける「ビッグサンダー・マウンテン」など、スリル系のアトラクションはぜひ乗っておきたいうちのひとつです。

    ゴールデンウィーク(GW)中のアトラクションの待ち時間の長さは覚悟を決めて。「ミッキーのフィルハーマジック」や「キャプテンCEO」などのシアター系アトラクションは一度にたくさんの観客を収容できるので、待ち時間の長いゴールデンウィーク(GW)中には比較的スムーズに体験できるでしょう。

    子供と一緒に楽しめるアトラクションで人気なのはスリリングなボート旅ができる「ジャングルクルーズ」やボートでヨーロッパやアフリカなどを巡る「イッツ・ア・スモール・ワールド」、ネバーランドを目指して空の旅に出る「ピーターパン空の旅」など。また、ミッキーが自宅を開放している「ミッキーの家とミートミッキー」も、ゴールデンウィーク(GW)の素敵な思い出づくりにぜひ子供を連れて行ってあげたいスポットです。

    東京ディズニーランド(TDL)と言えばキャラクターとダンサーたちが歌と踊りで盛り上げるショーやパレードも大人気。ショーベースでのショーは座席指定券が必要な場合がありますが、「ミニー・オー・ミニー」など予約不要のショーも。昼夜基本1回ずつ行われる賑やかなパレードは事前に見たい場所をチェックしておきましょう。パレード開園1時間前からならば、シートを広げての場所取りも可能です。

     東京ディズニーランド(TDL)園内にはたくさんのレストランがありますが、ゴールデンウィーク(GW)はこれらも混雑必至。園内のワゴンで豊富なフレーバーが販売されているポップコーンやアツアツの洋風春巻き「スプリングロール」、ミッキーのグローブの形をしたサンドイッチ、ミッキー型のワッフルなどのファーストフードも上手に利用しましょう。

    GWのJR新幹線の東京ディズニーランド(TDL)格安ツアー紹介

  • ゴールデンウィーク(GW)のJR新幹線の東京ディズニーランド(TDL)ツアーならこちらへ
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    ページ上部へ戻る