静岡旅行特集

shizuoka-s
静岡旅行特集

名峰富士山の麓に広がるバラエティ豊かな観光地である日本列島のほぼ中央に位置する静岡県。世界文化遺産に登録された富士山をはじめ、レジャー施設や温泉が集まる浜名湖、新鮮な海の幸に恵まれた駿河湾、熱海や伊東といった温泉が有名な伊豆半島など、魅力的な観光資源が各地に揃っています。

2013年に世界文化遺産に登録された富士山に関係する観光スポットはやはり大人気。なかでもJR静岡駅や清水駅からバスで行くこともできる丘陵「日本平」は、茶畑の向こうに富士山と駿河湾を望む静岡きってのビュースポット。「日本平梅園」の梅が咲く1月下旬から2月中旬をはじめ、一年を通じて名画のような風景を楽しめます。絶景を堪能したあとは山頂からのロープウェイで「久能山東照宮」へ。徳川二代将軍秀忠が造営した煌びやかな社殿もまた見応えたっぷりです。

徳川家康ゆかりの城下町として栄えた静岡市には家康ゆかりの城や神社があります。JR静岡駅にほど近い「駿府城公園」は徳川家康が築城し、晩年を過ごしたという駿府城跡を整備した公園。巽櫓や東御門などが伝統的な工法により復元され、戦国時代の面影を今に伝えています。また地元の人々から「せんげんさま」の愛称で親しまれている「静岡浅間神社」は徳川家康が厚く崇拝していた神社。鮮やかな赤をはじめ極彩色で彩られた社殿は豪華絢爛。縁結びや安産にも御利益があると言われています。

県西部の浜名湖周辺は、シーカヤックやウェイクボードなどのレイクアクティビティ、湖畔の舘山寺温泉で効能豊かな温泉などを楽しめるリゾートタウン。また明治24年から日本初の人工池でのウナギの養殖が行われて以来、ウナギ養殖の一大産地として発展してきた湖でもあり、浜松市内では多くのウナギ専門店でふっくらと美味しいウナギ料理を楽しめます。また浜松市は栃木県宇都宮市と並ぶ餃子の消費量を誇る餃子の街としても有名で、300以上もの店がキャベツをふんだんに使った浜松餃子を提供しています。県東部の伊豆半島は温泉の宝庫。歴史ある温泉街を有する熱海や、一碧湖と美しい海岸線の両方を備えた伊東温泉・伊豆高原エリア、夕陽の名所が多いことで知られる西伊豆エリアなど、半島の各地に温泉地が点在しています。

黒潮と親潮がぶつかる駿河湾を有する静岡は、近海魚が多く水揚げされる沼津港やマグロ水揚げ高日本一の清水港、焼津港、御前崎港などの良港が発達。そこで水揚げされた新鮮な魚介をたっぷり使った海鮮グルメも楽しみのひとつです。それぞれの港周辺では市場や食堂街でボリュームたっぷりの自慢の海鮮料理を堪能できます。なかでも沼津港は展望水門や水族館まで備わっており、もはや魚のテーマパーク。お腹を満たしたあとも漁港の魅力を満喫できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る