ゴールデンウィーク(GW)の沖縄旅行特集2014

okinawa_s

ゴールデンウィーク(GW)の沖縄旅行特集2014

ゴールデンウィーク(GW)は一足早く夏気分を満喫の沖縄旅行特集!美しいエメラルドグリーンの海と真っ白なビーチが南国ムードを演出する沖縄。その美しい自然と独特の沖縄文化を体験したいと、ゴールデンウィーク(GW)の旅行先としても高い人気です。暑さの厳しい夏とは違い、ゴールデンウィーク(GW)は梅雨入り前でまだまだ爽やかさの残る季節。ドライブに観光にグルメにと、他では味わえない沖縄ならではの休日を楽しみましょう。

 観光スポットとして絶大な人気を誇っているのが、本部半島にある「美ら海水族館」。世界最大級のメイン大水槽「黒潮の海」で巨大なジンベエザメやマンタがゆったりと泳ぐ姿は、ゴールデンウィーク(GW)旅行の一番の感動になること動間違いなしです。カラフルな熱帯魚の大群やサンゴの海など、いくら眺めても飽きないコーナーが盛りだくさん。水族館の外にもマナティー館にウミガメ館、イルカラグーンなど海の人気者に出合えるスポットがあります。時間が許せば、沖縄きっての人気ドライブルートである本部半島と古宇利島とを結ぶ古宇利大橋へドライブするもお勧めです。

 歴史的な価値はもちろん、最近はパワースポットとしても注目されているのが首里城。日本と中国、琉球の建築様式が織りなす沖縄最大の木造建築物で、2000年には世界遺産に登録され、琉球王国の面影を今に伝えています。ゴールデンウィーク(GW)旅行で誰もが訪れるであろう那覇市内のメインスポットは、ファッションにグルメにお土産にと様々なお店が揃う沖縄最大の観光ストリート、国際通り。沖縄物産のアンテナショップである「わしたショップ」や泡盛専門店、塩の専門店、シーサーグッズや琉球ガラスの店など、眺めるだけでも楽しいお店が集中しています。

 国際通りだけでなく、沖縄の焼き物である壺屋焼の窯元が多く揃う「壺屋やむちん通り」や、細い路地沿いに小さなお店が所狭しと並んでいる「栄町市場」も街歩きにピッタリ。昔ながらの沖縄の雰囲気を満喫できます。ゴールデンウィーク(GW)中のブランド品のショッピングなら「DFSギャラリア」へ。国内唯一の路面型免税店で、人気ブランド品が最大30%もお得に購入できます。

 沖縄と言えばその独特のグルメも魅力。沖縄そばやゴーヤチャンプルー、ラフテー(豚の角煮)などはもちろん、島らっきょうや島とうふ、海ぶどうなど沖縄ならではの素材もぜひ試したいもの。アグー豚や石垣牛、やんばる島豚などの沖縄のブランド肉も人気です。ファミレス感覚で気軽に利用できる居酒屋も充実しているので、沖縄のお酒・泡盛と共に美味しくいただきましょう。

ゴールデンウィーク(GW)の沖縄旅行・沖縄格安ツアー紹介

  • ゴールデンウィーク(GW)のJRの沖縄旅行・沖縄格安ツアーならこちらへ
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    格安沖縄ツアーで行く沖縄旅行の夏休み国内旅行特集2014

    okinawa_s

    格安沖縄ツアーで行く沖縄旅行の夏休み国内旅行特集2014

    夏休み旅行で青い海と白い砂浜の沖縄で最高のバカンスを!美しく続く白い砂浜と透き通った青い海。夏休みになれば誰もが憧れるそんなロケーションが味わえる国内旅行といえば、これはもう沖縄旅行で決まりでしょう。公害等の汚染が少ない沖縄では、海も非常に美しく海外リゾート地にも決して引けをとらないどころか、沖縄のビーチは世界一美しいという声も少なくありません。沖縄の楽しみ方も様々ですが、やはりその真骨頂はサマーシーズンにあると言えるでしょう。夏休みの旅行先を決めあぐねているのならば、是非沖縄旅行を候補地としてみてはいかがでしょうか。

    周囲が全て海に囲まれた沖縄県では、それこそ無数のビーチが点在していますので、ビーチ選びに困ることはまずあり得ませんが、沖縄本島の北部エリアで今回ピックアップするのは「オクマビーチ」です。オクマビーチではネイチャーリゾートスタイルをコンセプトに、その溢れる自然をフルに活かした遊び方ができるのが特徴です。宿泊施設もコテージタイプのものが用意されていますので、沖縄のゆったりとした時間の流れを感じるのには最適です。美しく白い砂浜も全て人口の手が加わっていない天然のもので、環境省の水質ランクでもAAという最高ランクに位置付けられています。

    中部エリアでは「ムーンビーチ」を推したいと思います。この周辺は各ビーチが連なっている場所なのですが、その中でもここムーンビーチはその名の通り三日月形をしており、リゾートホテルのプライベートビーチなのですが、宿泊客以外でも利用が可能となっていますので便利です。特別感とリゾート感に溢れており、バカンス気分は否が応でも高まるに違いありません。

    南部エリアのおすすめビーチは「波の上ビーチ」です。こちらの特徴は那覇空港から最も近いポイントにあるという点です。また那覇市の繁華街である「国際通り」までの距離も徒歩15分と非常に好ロケーションになっています。海もいいけれど沖縄の街や、他の遊びにもたっぷり時間を使いたい、という方は時間節約のためにこちらのビーチを利用すると効率よく旅行を楽しめるでしょう。

    また沖縄といえば忘れてはならないのがパイナップルです。名護市にある「ナゴパイナップルパーク」では、パイナップル園を見学したり、パインカステラやパインワインといった加工品の試食などを楽しむことができますし、もちろんパイナップルの試食も食べ放題です。おみやげ選びにもピッタリですし、夏は旬の時期でもありますのでスケジュールを空けてでも訪れておきたいスポットのひとつです。ここで紹介したのは沖縄のほんの一面だけですが、まだまだいろんな楽しい顔を持っている夏の沖縄を是非実際に体験してみてください。

    夏休み国内旅行のための国内ツアー紹介

  • 夏休み国内旅行・お盆旅行国内ツアーならこちらへ
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    格安国内ツアーで行く沖縄旅行特集

    okinawa_s

    格安国内ツアーで行く沖縄旅行特集

    青い海白い砂浜がある沖縄。沖縄にはたくさんの離島もあり、本島にも見どころがたくさんあります。沖縄県那覇市の繁華街は国際通りでおみやげ店や飲食店が建ち並び観光客で常に賑わっています。

    沖縄のシンボルとも言えるのが世界遺産に登録されている首里城です。鮮やかな朱色が美しくじっくりと見学したいスポットです。西海岸は海岸沿いのドライブが気持ちよく、沖縄屈指の景勝地、万座毛もあります。

    沖縄にを訪れた際に欠かせないのが美ら海水族館です。巨大な水槽の中を優雅に泳ぐマンタヤジンベイザメは見ごたえたっぷりです。本部半島から古宇利島を結ぶ古宇利大橋は絶景が臨めるドライブルートとして人気があります。本島北部は亜熱帯の原生林やマングローブが広がりカヌー体験や大自然の中のトレッキングなど、楽しむことができます。

    本島南部は米軍の嘉手納基地もあり、美浜アメリカンビレッジはアメリカ西海岸をイメージしたショッピングエリアで若者に人気があります。南部は国内唯一の地上戦となった場所でもあり、旧海軍司令部壕やひめゆりの塔、平和記念公園があります。

    本島も見どころたっぷりですが、一度は訪れてみたいのが離島です。那覇から飛行機で50分のところにあるのが宮古島です。宮古島には沖縄一と呼ばれる与那覇前浜ビーチや南国ならではのマンゴーなどのトロピカルフルーツを堪能することが出来ます。宮古島の近辺には、神がが宿ると言われていて立ち入り禁止の聖域もある、大神島、宮古諸島一の美しいビーチがある来間島、観光客が少ないので手付かずの美しい海がある多良間島、パイロットの訓練飛行所がある下地島、観光客も少なくのどかな伊良部島、さんご礁にかかる池間大橋が美しい池間島などの宮古諸島の島々があります。

    那覇から飛行機で60分のところにあるのが石垣島で、石垣島から船で10分のところにあるのが、水牛車が有名な竹富島です。島全体が亜熱帯の森で囲まれた西表島には国内最大級のマングローブがあり、大自然を満喫することが出来ます。石垣島をはじめとした八重山諸島にはサトウキビ畑が広がる小浜島、ハートの形の黒島、美しいサンゴ礁に囲まれた鳩間島、日本最南端の島の波照間島、日本最西端の与那国島など個性溢れる島々があります。

    他にも、夏場は東京からの直行便もある久米島など、多くの美しい島々があります。

    那覇から日帰りで行くことができる慶良間諸島は体験ダイビングやスノーケリングなどのマリンスポーツも盛んで人気があります。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    ページ上部へ戻る