寝台特急列車クルーズトレインななつ星in九州特集

tokushu_shindai_nanatsu_s

寝台特急列車クルーズトレインななつ星in九州特集

2013年秋始動! JR九州が全く新しい旅を提供する豪華寝台特急のクルーズトレイン 「ななつ星in 九州」

 超豪華列車で九州を周遊する寝台特急列車として、2013年10月に満を持して登場した寝台特急列車クルーズトレイン「ななつ星in九州」。寝台特急列車の常識を覆すようなこだわりの車両設備、そして九州各県を寝台特急列車で周遊するという新しい発想が、国内はもちろん海外からも早くから大きな注目を浴びています。

 何よりも驚くのは、長年JR九州の車両デザインを手がけてきた水戸岡鋭治氏によって生み出された列車自体の美しさとゴージャスぶりです。3?7号車に合計14室ある客室はすべてがスイートルーム。そのうち2室は「デラックススイート」で、豪華な中にも畳や障子といった和の要素が活かされています。その他のスイートルームもこだわりの調度品が備わっており、どの部屋も10?以上というゆとりある広さ。デザインは全室異なるものの、すべての客室が和と洋、新と旧の融合をテーマにアレンジされ、まるで高級ホテルのような雰囲気を醸し出しています。

 クルーズトレインななつ星in九州の1号車はゲスト同士の交流の場ともなる「ラウンジカー」。ジャパニーズモダンを体現した落ち着いた雰囲気のこの空間は、昼は外の景色を堪能できるリラックススペース、夜はピアノの生演奏も聴くことができるバーとなってゲストをもてなします。ラウンジカーの隣の2号車はこちらも格調高いデザインでまとめられた「ダイニングカー」。九州各地の有名宿や食事処の匠が新鮮な食材をふんだんに使って作り上げた逸品を、これまた九州が誇る有田焼の器でいただけます。

 クルーズトレインななつ星in九州は、ひとつの目的地に向かうのではなく、クルーズトレイン列車での移動そのものと行く先々での出会いを楽しめるのが寝台特急列車クルーズトレインななつ星の魅力。寝台特急列車クルーズトレインななつ星in九州は1泊2日・3泊4日の2コースで九州の主要観光地を巡り、九州の歴史や文化、自然を列車の中と外で満喫することができます。1泊2日コースは長崎と阿蘇、湯布院といった北部九州を中心に巡るコース。3泊4日のコースでは宮崎、鹿児島、阿蘇、湯布院と九州を一周し、途中鹿児島では旅館に宿泊するという楽しみもプラスされています。湯布院や宮崎、長崎、鹿児島などでは散策タイムも設けられているほか、阿蘇では希望者が参加できる早朝ヨガなどのプログラムも。また、出発前のJR博多駅専用ラウンジでのウェルカムスイーツや阿蘇駅ホームに新設されたレストランで最終日にいただく朝食など、最初から最後までゲストを飽きさせないサービスも満載です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る