新幹線長崎ハウステンボス旅行

title3

年末年始にゆったりとした時間を過ごせるテーマパークが長崎ハウステンボスです。新幹線を利用することで、遠くの地域に住んでいる方も気軽に訪れられます。日本であるにも関わらず、ヨーロッパの雰囲気を満喫することができる長崎ハウステンボスで時間を過ごせば、かけがえのない思い出が得られるでしょう。年末年始には特別企画も行われます。

ハウステンボスの概要
長崎ハウステンボスは長崎県の佐世保市にあります。オランダをテーマとしており、映画やドラマでも使われることが多いです。ハウステンボスとはオランダ語で森の家という意味です。東京ディズニーリゾートと同程度の規模となっています。テーマパークとしては日本で最大級の施設です。一つの街が形成されています。
街並みが統一されており、物品を搬入したり、リネン類を補給するための車両もクラシックデザインとなっています。舞台裏をつくらず、テーマパークのすべての部分が本物の街であるかのように機能しています。

ハウステンボスのアトラクション
施設内にはさまざまなアトラクションが存在しています。ミュージアムモーレンでは、風車を見学することができます。テディベアキングダムでは世界中のメーカーが出しているベアを数多く展示しています。ハウステンボス美術館では、オランダ宮殿を再現しており、さまざまな美術品が見られます。
セグウェイやカヌーを体験できるメニューが用意されています。サウザンド・サニー号では、航海気分を満喫できます。パークバスに乗れば、ヨーロッパのさまざまな街並みを巡ることが可能です。他にも、デジタルホラーハウスやフラワーアイスカフェ、ゲームミュージアムといったさまざまなアミューズメントが充実しており、年末年始に楽しい時間を過ごせます。

長崎ハウステンボスへのアクセス
鉄道を利用するならば、JR大村線のハウステンボス駅で下車してから歩いて5分でアクセス可能です。ハウステンボス駅までは博多駅から特急が出ています。そのため、新幹線を利用するならば、博多駅までアクセスすれば、そこから直通でハウステンボスまで来られます。年末年始でも新幹線によって快適にアクセスできるでしょう。博多駅まで新幹線で来られれば、そこから迷うことはありません。

長崎ハウステンボスはどのような好みの方にでも楽しんでもらえる工夫が満載です。年末年始に家族や友人、恋人と素敵な思い出を作りたい方に最適なスポットとなっています。何度でも訪れたくなるほど魅力的な要素が詰まっており、一度来ただけですべてを楽しむことが不可能なほどです。ぜひとも新幹線で訪れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る