松山旅行特集

dougo_s

松山旅行特集

歴史ロマン溢れるいで湯と文学の街松山旅行特集!瀬戸内海に面した四国の愛媛県松山市は、かつて十五万石の城下町として栄えた四国最大の観光都市。江戸時代以前からの姿を今に伝える「松山城」や3,000年以上の歴史を誇る「道後温泉」など長い歴史を持つ観光名所が多く、「いで湯と城と文学のまち」として全国に知られています。

 四国の愛媛県松山市のシンボルとして人々に親しまれているのが、桜の名所として名高く「日本の100名城」にも選ばれている松山城。伊予松山藩城主・加藤嘉明が築城に着手し、四半世紀もの歳月をかけて造られた名城で、江戸時代に建築された天守を有する国内現存12天守のうちのひとつでもあります。その天守から見下ろせるのは、松山平野の360度大パノラマ。天気が良ければ佐多岬や瀬戸内海に浮かぶ島々をも一望できる絶景スポットです。また敷地内には「隠門」や「紫竹門」など合わせて21もの重要文化財があり、どれも迫力満点。古い絵図や発掘調査に基づいて松山藩主の邸宅跡を復元した「松山城二之丸史跡庭園」では、建物の間取りを流水で表現した「奥御殿跡流水園」や季節の草花と柑橘類を用いた「表御殿跡柑橘草花園」などの風流な庭園風景を楽しめます。

 四国の愛媛県の松山には「日本書紀」や「万葉集」にも登場し、その歴史は3000年以上と言われる日本有数の温泉地「道後温泉」も松山でぜひ訪れたいスポット。JR松山駅から路面電車で25分ほどのところにあり、現在は明治27年に建てられた「道後温泉本館」を中心に多くの旅館やホテルが立ち並ぶ温泉街となっています。国の重要文化財に指定されている道後温泉本館は広間や個室での休憩付きや入浴のみなど4コースから選ぶスタイル。源泉かけ流しの良泉を堪能できます。また木造三層構造の建物の中には豪華絢爛な皇室専用浴室「又新殿」やこの浴場に通っていた夏目漱石にちなんだ「坊っちゃんの間」などもあり、それぞれ見学可。時代の最新技術を取り入れて常に増改築を繰り返してきたその姿は圧巻です。本館周辺には「坊っちゃんカラクリ時計」や無料の足湯、「道後公園」、みやげ物店などが並ぶ商店街「道後ハイカラ通り」などもあり、湯上がりにのんびり散策するのもお勧めです。

 四国の愛媛県の松山市はまた、夏目漱石の「坊っちゃん」や司馬遼太郎の「坂の上の雲」など、有名小説ゆかりの場所も多い街。市内には安藤忠雄氏設計の「坂の上の雲ミュージアム」や、「松山市立子規記念博物館」、旧松山藩主子孫の別邸「萬翠荘」などがあり、松山を愛した偉人や文人墨客の足跡をたどることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る