JR新八代駅特集

station-noimage

JR新八代駅特集

JR新八代駅について

JR九州新幹線のJR新八代駅は熊本県八代市上日置町にあるJR新幹線の停車駅です。JR新幹線の先行開業時に在来線の特急リレーつばめとつばめとの乗り継ぎ駅だったJR新八代駅です。いまは、使用済になったリレー号の連絡線が車窓からも見える。当初はJR新幹線駅は2キロ離れた球磨川近くにのJR八代駅に併設ルートの予定だったが、そのルートに製紙工場があったため内陸部に設けられた。そのため駅の周辺は、ほとんど田畑です。八代の名産は全国の生産の9割を占めるい草があります。

JR新八代駅周辺観光地について

JR九州新幹線のJR新八代駅の観光スポットに松浜軒があります。八代城主3代松井直之が母親に1688年につくった茶室になります。室内は非公開になっていますが、庭園は楽しめることができ、6月の花菖蒲は、観光客に人気になっています。また、宝物展示場には、茶をするための道具や肥後の絵師による書画を見ることができ、松井家先祖伝来の家宝がおさめられています。
JR九州新幹線のJR新八代駅には、観光地の八代城跡があります。1619年に大地震があり、麦島城が崩れてしまったため、熊本藩主加藤忠広が江戸幕府の了解を得てから、城代の加藤正方に指示をして、1622年に作り直したのが八代城になります。八代城の石垣には白島産の石灰岩がでつくられて、白い色から白鷺城との名前もつけられた。1884年には本丸跡に後醍醐天皇の皇子である懐良親王のために八代宮が鎮座し、いまは、熊本県の八代市の公園のなり、子供から大人まで楽しめる公園になっています。
JR九州新幹線のJR新八代駅には、八代市立博物館未来の森ミュージアムという観光スポットがあります。斬新なデザインでつくられた博物館になります。ミュージアムには八代城城郭、肥後金工や八代焼などを展示されています。また、八代地域の歴史が紹介され、民俗や美術工芸なども紹介されています。八代城主松井家に残る武家コレクションもあります。入場料は300円
になります。

JR新八代駅乗り入れ路線

JR新八代駅の乗り入れ路線には、JR九州新幹線の鹿児島ルートと在来線のJR鹿児島本線の2路線が乗り入れています。
JR新幹線はJR九州新幹線のJR鹿児島中央駅からつばめとさくらが停車します。さくらはJR新大阪駅からのJR新幹線も停車します。
在来線は肥薩おれんじ鉄道線も乗り入れするが、快速スーパーおれんじ以外で、JR新八代駅を経由する列車が停車します。

JR新八代駅住所

熊本県八代市上日置町4774-2

JR新八代駅JR新幹線開通

平成16年3月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る