JR福島駅特集

fukusimast-s

JR福島駅特集

JR福島駅について

福島県福島市営町にある、武隈急行・東日本旅客鉄道(JR東日本)・福島交通の駅です。JR東日本は一日の平均乗車人員は、1500人前後で、JR郡山駅につぎ福島県内では第2位です。阿武隈急行は一日の平均乗車人員は2000人前後です。

JR福島駅周辺観光地について

JR福島駅東口より福島交通バス市内循環線のバスより県立美術館入口へ5分、バス停:福島テレビ前へ10分で着きます「信夫山」。熊野山・羽黒山・羽山の三峰からなり、これを合わせて「信夫三山」と呼ばれ、福島市のシンボルです。夜景観賞スポットにもなっており、5カ所の展望台から市内を中心にさまざまなパノラマが楽しめ、春には大勢の花見客で賑わいます。さらに、うつくしま百名山に選定され、園内での飲食も可能ですので福島市内では人気の名所となっています。また、福島市内では大規模な墓所も兼ねていて、大円寺が管理しています。その他には、出羽三山の分社や福島県護国神社、岩谷観音があります。近隣の小学校の秋の遠足でも利用され、6年間とも信夫山の所もあり、学年ごとに登山値があがるそうです。大変市民に親しまれている信夫山をぜひ訪れてみてください。余談ですがみなさんもよく知っているスタジオジブリ「となりのトトロ」での主題歌になっている『さんぽ』の作詞家、中川李枝子によると、小さい頃に信夫山や阿武隈川で友達と遊んでいた経験から、その山を歩いたイメージから曲を作ったと語られています。JR福島駅東口より徒歩7分で着きますパセオ470とは道路の全長に由来していて、ぱせおはスペイン語で散策と意味されております。ショッピングを楽しんだり、季節に応じてイベントが開催され、春に花見山公園の花見と同時に「花コンテスト」、夏には「福島七夕祭り」、冬には「光のしずくプロジェクト:パセオ470・並木通りイルムネーション」などがあります。JR福島駅東口より徒歩8分で着きます「もめん亭」。福島牛を使ったすき焼き、焼きしゃぶと福島県の地酒は絶品です。特に鉄板でお肉をささっと温め、鍋で野菜を煮、特性みそだれで食べる焼きしゃぶはとても人気です。女主人オリジナルの鍋と鉄板を組み合わせた道具を一度味わってください。

JR福島駅乗り入れ路線

JR東日本の駅に乗り入れている路線は3路線あります。線路名称上はJR東北新幹線、JR福島駅を起点にしているJR奥羽本線、在来線におけるJR福島駅の所属線であるJR東北本線です。JR東北新幹線?奥羽本線に直通するミニ新幹線と呼ばれているJR山形新幹線の分岐駅となっていますのがJR福島駅です。JR新幹線と同じ軌間になっているJR奥羽本線は1435?の標準軌に改軌されており、直通が不可能となっているJR東北本線は軌間が1067?になっています。在来線としての愛称として「山形線」が奥羽本線の標準軌区間に設定されています。みどりの窓口はJR福島駅構内に設置されており、自動販売機、ベンチはJR新幹線ホーム、在来線ホームそれぞれに設置されています。駅売店や駅蕎麦屋などもあります。指定席販売機やのりこし精算機ももちろん設置されています。

JR福島駅住所

福島県福島市栄町1-1

JR福島駅JR新幹線開通

昭和57年6月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る