新幹線富士急旅行

title3

富士急ハイランドは年末年始にも営業している遊園地です。新幹線によって気軽にアクセスしやすい立地となっています。豊富なアトラクションが揃っており、ファミリーやカップルが年末年始に楽しい時間を過ごせる場所となっています。特に絶叫マシンがたくさんあることで知られています。年末年始に素敵な思い出を作りたい方には最適なスポットであり、一日だけでも楽しめます。

富士急ハイランドとは
元々、富士五湖国際スケートセンターという施設があり、これが改称されて富士急ハイランドになりました。絶叫マシンをメインとしている遊園地であり、ナガシマスパーランドと並び称されるほどです。絶叫マシン以外にも色々なアトラクションが存在しています。特にゲームやアニメのキャラクターにちなんだものが多いです。
ギネス記録を更新することを目標としており、5年おきにあたらしい大型コースターが誕生しています。古いアトラクションを壊して、新しいものを設置するケースがよくあります。ふじきゅうという略称で呼ばれることが多いです。

富士急ハイランドのおすすめ
高飛車という大型コースターは最大落下角度が121度となっており、ギネスに認定されています。総回転数が14回でギネス記録となっているええじゃないかは大人気です。キング・オブ・コースターFUJIYAMAは園内で最も人気のあるコースターであり、行列ができます。他にも、トンデミーナやナガシマスカ、鉄骨番長といったアトラクションがあります。
富士飛行社やシャイニングフラワー、ウォーターエースなどはファミリーで楽しめます。容易に脱出できないアトラクションとして絶望要塞があります。病院をテーマとした最恐戦慄迷宮は世界でもトップクラスの規模のお化け屋敷です。

新幹線によるアクセス方法
富士急ハイランドは新幹線を利用するとアクセスしやすいです。最寄り駅は富士急行線の富士急ハイランド駅となっています。新宿や大宮、横浜などから特急を用いて大月駅まで行き、そこから直通で富士急ハイランドまでアクセス可能です。フリーパスとセットになっているプランが用意されているためとてもお得です。

富士急ハイランドは地方からでも新幹線を用いればその日のうちに到着して、存分に遊ぶことができます。年末年始の忙しい時にもファミリーや恋人と楽しくて思い出深い時間を過ごせます。新幹線を利用したアクセスが便利であり、年末年始でもスムーズに到着できるでしょう。色々な楽しみ方ができる遊園地です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンウィーク(GW)のJR新幹線で行く富士急ハイランド旅行特集2014

tokushu_amusement_s

GWのJR新幹線で行く富士急ハイランド旅行特集2014

東日本一の絶叫テーマパークでスリル満点の一日を!ゴールデンウィーク(GW)富士急ハイランド特集。雄大な富士山の麓に広がるテーマパーク、富士急ハイランド。世界が認める豊富な絶叫マシンが揃い、そのアトラクションで楽しめるスリルを求めて学生や若者を中心に人気を集めています。爽やかなゴールデンウィーク(GW)はそんな絶叫アトラクション巡りにはピッタリの季節。富士急が誇るスリルの世界を堪能しましょう。

富士急ハイランドの人気アトラクションの筆頭は、やはり落差やスピード感を思い切り楽しめるコースター。最高時速130kmの猛スピードで空間を駆け抜けるキングオブコースター「FUJIYAMA」や最高時速172kmとこれまでにない加速が売りの「ドドンパ」、あらゆる方向への回転で不思議な浮遊感を味わえる「ええじゃないか」、落下直前の停止状態と121度もの最大落下角度でかつてないスリルを体験できる「高飛車」の4つは特に人気が高く、富士急ハイランドの代名詞ともなっています。

コースター以外では、高速で回転する空中ブランコ「鉄骨番長」や高さ52mからの落差を楽しむ「レッドタワー」も順番待ち必須。これらのアトラクションではドキドキ感と共に、周囲の眺めもぜひ楽しみたいものです。また、円型ボートで激流の中を駆け抜ける「ナガシマスカ」や高さ30mからのダイナミックなダイビングを楽しむ「グレード・ザブーン」などのウォーター系アトラクションも、気候が爽やかなゴールデンウィーク(GW)にぜひ挑戦してみましょう。

絶叫アトラクションはスピード系のみにあらず。病院をモチーフに造られた暗黒の空間「最怖戦慄迷宮」は絶叫系に負けず劣らずの人気を博しています。手さぐりで奥へと進んで行く「暗黒病棟」はコースターとはまた違ったドキドキを味わえること間違いなし。ゴールデンウィーク(GW)の一風変わった思い出がつくれます。

和やかに楽しみたい人や子供連れにお勧めなのは、様々なキャラクターが登場するアトラクション。きかんしゃトーマスに乗れる「トーマスランド」やとっとこハム太郎のライドが充実している「ハムハムドキドキおうこく」、かいけつゾロリの作品に登場する冒険が実際に体験できる「かいけつゾロリのぼうけんランド」で童心にかえるひとときを過ごしましょう。旅の思い出には園内各所に設けられたショップでお気に入りグッズを見つけましょう。また、FUJIYAMAなど各コースターのライド中の写真も各フォトショップで購入できます。

思いっきり絶叫したあとは、隣接している温泉施設「ふじやま温泉」へ。ゴールデンウィーク(GW)は休日料金となるものの、富士急ハイランドのフリーパスや入園券を提示すると利用料が割引になり、木のぬくもり溢れる空間での天然温泉をお得に楽しめます。

GWのJR新幹線の富士急ハイランド格安ツアー紹介

  • ゴールデンウィーク(GW)のJR新幹線の富士急ハイランドツアーならこちらへ
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    JR新幹線格安ツアーで行く富士急ハイランド夏休み旅行特集2014

    tokushu_amusement_s

    JR新幹線格安ツアーで行く富士急ハイランド夏休み旅行特集2014

    誰もが楽しい!夏休み旅行での富士急ハイランド!うだるような暑さをスカッと吹き飛ばすにはみなさんどんな方法を用いているでしょうか。人それぞれでいろんなこだわりがあるかもしれませんが、ここは絶叫マシーンに乗って思い切りスリルと風を味わってみるというのはいかがでしょう。そしてそんな楽しみ方にピッタリな場所が「富士急ハイランド」です。

    富士急ハイランドといえば、言わずと知れた絶叫マシーンのメッカでもあるテーマパークです。中でも「FUJIYAMA」「ドドンパ」「えぇじゃないか」の3種は三大絶叫マシーンと呼ばれ、通年多くのゲストで賑わっています。文字通りスリル満点のスピードを体感しながら絶叫すれば、きっと暑さも吹き飛んでしまうことでしょう。こんな時は恥ずかしさや大人であるということは忘れて、思う存分声をあげてしまいましょう。ただし夏休みといえばやはりレジャーシーズンでもありますので、可能であれば極力土日等の世間がお休みの日は避けた方が無難です。特にドドンパやえぇじゃないかなどの人気マシーンはこの時期常に長蛇の列となっており、3?4時間待ちとなってしまうこともあるほどです。比較的混雑度が緩めなのは週の半ば、火曜日?木曜日辺りですのでここを狙いましょう。

    FUJIYAMAも大人気マシーンのひとつなのですが、こちらの場合はアトラクション自体の回転が早いため、同じ人数が並んでいたとしても短い待ち時間で乗ることができます。したがって同じくらいの列ができていた場合、とりあえずはFUJIYAMAをさくっと済ませてしまうというのもアリでしょう。またどうしても三大絶叫マシーンを確実に制覇しておきたい!というのであれば、「絶叫優先券」の購入がおすすめです。別途購入が必要となってしまいますが、専用口から優先で入場可能ですので余裕を持って回ることができます。ただし数には限りがあり、混雑度によりますが昼過ぎには売り切れることが多いですので、来園後すぐに購入しておいた方が良いでしょう。

    少し観点を変えて、小雨の日などを狙うのもひとつの手です。もっとも天候のことですので、なかなか思うようにはいかないかもしれませんが、夏場なら小雨程度はあまり気になりませんし、悪天候の日は園内が空いていますのでかなり快適に各アトラクションを回ることが可能となります。

    しかし雨天の場合絶叫マシーンの中には稼働停止してしまうものもありますので、絶叫マシーン以外を目的とする場合に限っておいた方が無難です。雨でもOKの「グレート・ザブーン」や「ナガシマスカ」などが狙い目となります。みんなが楽しめる富士急ハイランドに、この夏足を運んでみませんか。

    夏休み国内旅行のための国内ツアー紹介

  • 夏休み国内旅行・お盆旅行国内ツアーならこちらへ
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    富士急ハイランド特集

    tokushu_amusement_s

    富士急ハイランド特集

    旅トレインなら、首都圏発、新宿発、東京発、横浜発などの富士急ハイランドツアーや大阪発、関西発、名古屋発、東海発の富士急ハイランドツアーを検索比較して、最安値料金の富士急ハイランドバスツアーを探して、お得に予約ができます。

    富士山の麓でアトラクション満喫!富士急ハイランドへ行こう!山梨県といえば誰もが知っている日本一の山、富士山がそびえ立つ土地ですが、その富士山の麓にある富士急ハイランドも忘れてはなりません。富士急ハイランドの北に河口湖、南には富士山という絶好のロケーションにあるこのテーマパークは、子供から大人まで時間を忘れて一日中遊ぶことができるスポットとして有名です。園内から富士山を臨むことができるなんていうテーマパークは、当然日本中探してもこの富士急ハイランド以外にはありません。学生旅行、家族旅行や恋人との旅行などで富士山を訪れた際には、ぜひこちらの富士急ハイランドにも立ち寄って、童心に帰ってみてはいかがでしょう。

    富士急ハイランドといえば日本を代表するテーマパークのひとつですが、その中でももっとも代表的なアトラクションといえばやはり「FUJIYAMA」でしょう。キングオブコースターとも呼ばれるこのジェットコースターは、最高速度がなんと130km、最高部は79mという世界でもトップクラスのスリルを味わうことができます。ここへ来たからにはなにはなくともFUJIYAMAに乗らなければ始まりません。

    富士急ハイランドで、さらに爽快なスピードを味わいたいなら「ドドンパ」です。こちらは高さこそFUJIYAMAには劣るものの、スタートから1.8秒で172kmという超加速を体験することができます。まるでロケットに乗っているかのような、凄まじいスピードを肌で実感したいならこのドドンパがおすすめです。

    富士急ハイランドでその他にも落下角度が121度という「高飛車」や総回転数が世界一の「ええじゃないか」、水上へ大迫力のダイビングを見せる「グレート・ザブーン」などたくさんの絶叫マシンが目白押しで、一日では回りきれるかどうか心配なくらいです。

    とにかくスリルと爽快感を求めて、絶叫マシンを楽しみ尽くしたいという方には、ここ富士急ハイランドは最高のテーマパークとなるでしょう。しかしもちろん富士急ハイランドのアトラクションは絶叫マシンばかりではありません。

    富士急ハイランドの巨大な迷宮からの脱出にチャレンジする「絶望要塞」は、その成功率なんと10万分の1と言われています。無数のドアと廊下によるこの巨大迷路、あなたは脱出することができるでしょうか?

    全てにおいてハイスペックの富士急ハイランドでは、ホラーハウスもまた規格外です。
    「最恐戦慄迷宮」はそのあまりの怖さに真夏といえども涼しくなってしまうこと間違いなしです。恋人同伴の方はカッコ悪いところを見せてしまわないよう気をつけなければいけませんね。

    まだまだ紹介しきれないほどのアトラクションが揃っている富士急ハイランド、2日間乗り放題のフリーパスで存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。

    富士急ハイランドツアー紹介

  • 富士急ハイランドツアーならこちらへ
  • 富士急ハイランド関連特集

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    ページ上部へ戻る