青森旅行特集

aomori-s
青森旅行特集

2010年に新幹線か延長されたことにより、ますます身近になった青森県。リンゴの生産量日本一をはじめとし、せんべい汁や大間のマグロなど美味しい名物もたくさんあります。

青森県で人気の観光スポットは奥入瀬渓流です。十和田湖から流れ出る水がいくつもの滝になって流れ落ちていて、マイナスイオンを感じながらウォーキングを楽しむことができます。全行程は14.3キロで徒歩で約4時間40分になります。冬の積雪期間中は遊歩道は閉鎖されますが、四季折々の景色を楽しむことができ、新緑の季節がオススメです。

神秘的な湖、十和田湖は透明度も高く緑豊かな山々に囲まれていて、クルージングや遊覧船も楽しむことができます。弘前公園は弘前城の跡地に広がる公園で、東北随一の桜の名所として有名です。4月下旬に行われる弘前さくらまつりは全国から観光客が訪れます。 弘前には、明治以降に外国人教師を多く招いたことから、歴史ある洋館や教会が多くみられ散策も楽しめます。

世界自然文化遺産に登録された白神山地。散策コースがいくつかあり、貴重な植物を満喫しながら、落差の大きな滝や渓流を見ながら大自然の中、トレッキングを楽しむことができます。
新青森までの開通前は、東北新幹線の終点だった八戸。八戸は全国有数の水揚げ量を誇る港があるので、新鮮な海の幸が並ぶ朝市や八食センターでは八戸名物や新鮮な魚介類を買うことができます。八食センターではその場で買った魚介類を炭火焼きをして楽しむこともできます。B?1グランプリで有名になった、八戸の郷土料理、せんべい汁や十和田のB級グルメで人気の十和田バラ焼きも是非食べておきたい名物料理です。下北半島には最高級ブランド、大間のマグロが有名で大間の食堂では年中、最高級のマグロを楽しむことができます。

日本三大霊場の一つとして有名な恐山。地獄のような景色や極楽のような景色が混在するスピリチュアル・スポットは一時間くらいで散策することができ、神秘的な雰囲気を体感することができます。東北三大祭りの1つにあげられる青森ねぶた祭りは青森の夏の一大イベントで、約20代の巨大なねぶたが町を運行し、かけ声の「ラッセラー」で盛り上がりも最高潮に!一度は訪れて参加したいお祭りです。青森県にはいたるところに温泉が湧いていて、160畳の広さの大浴場、「ヒバ千人風呂」で有名な酸ヶ湯温泉や黄金崎の波打ち際にある露天風呂が人気の、黄金崎不老ふ死温泉など訪れてみたい温泉ばかりあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る